スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

家の中の汚れ 

我が家の家の中の汚れといえば、ホコリと子供たちが切り刻んだ紙くずなどかな。
でも、これらは掃除機をかけてしまえば、簡単にきれいになりますよね。

フローリングや床は、掃除機をかけてから水拭きすることで、食べこぼしや掃除機で吸い取れなかった細部(コーナー部分や床の縁)も、すっきり♪

キッチンでは、油汚れが主役。
私は、重曹をスプレーボトルに薄めて使っています。

最近では可愛いスプレーボトルや、重曹まで100円ショップで手に入りますから、
節約にもなりますよ。

重曹はアルカリ性です。脂肪酸という酸を含む油を、アルカリ性の重曹が中和することで、
無理なく、さらっとした感じで油汚れを拭き取ることができます。

家の中の汚れを、大まかに3つに分類してみました。






家の中の汚れ

1.酸性の汚れ

油は、酸性ですからアルカリ性の重曹で中和します。

2.アルカリ性の汚れ

水回りの白っぽい汚れの多くは、水道水に含まれるアルカリ分ですから、酸性のクエン酸で落とせます。

3.物理的な汚れ

ホコリ、紙くず、シールなどのように、物理的にくっついている汚れ。

ポイント

それぞれがどんなものかをおよそ覚えて、反対の性質の洗剤をかけることによって簡単にきれいにお掃除できます。

Template by Simplest


スポンサーサイト
[ 2009/04/20 12:12 ] 楽ちん♪ナチュラル家事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://plusone121.blog10.fc2.com/tb.php/20-e5edc962











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。